海辺に咲く花

山歩きも大好きなんですが、海辺も大好きなんですよね

小さい頃から海とは仲良しです 海を眺めていると何だかホッとするんですよね

波の音は、眠りを誘うBGMみたいです

水泳は得意とは言えませんが、でもカナヅチではありませんよ~(^^)

どこの海辺でも見られるハマヒルガオ!!砂地に生えるつる性の多年草です

画像



同じく海岸の砂地に生える、ハマニガナ!!です

和名はニガナに似ていて海岸に生えることから付いたようです。

暑い砂の上に張り付くようにして咲いています

花期も長くて4~10月くらいまで見れますね

画像




海岸のやや乾いた草地ややぶに生える多年草の、イヨカズラ!!です

茎は直立して高さ30~80cmになり、時に先端がつる状になる事もあります。

上部の葉腋に直径8ミリの淡黄白色の花を多数つける。

時には花色が紫褐色のものもあり、クロバナイヨカズラと言う。

平戸では、普通のイヨカズラとクロバナイヨカズラが一緒に咲いています


画像画像



















海岸の岩場に生えるイワタイゲキ!!の花です

トウダイグサ科の植物です

群生して株立ち状になる、茎は太くて葉がびっしりと互生する。

海岸の岩場の少しのすき間に、窮屈そうに咲いてるイワタイゲキです。


画像



最後に、ハマナデシコ!!です

海岸に生える高さ20~50cmの多年草で、葉は厚くて光沢があります

花は紅紫色で直径1・5cm、茎の先に集まって咲きます


画像



海辺に咲く花は、まだまだありますのでまた紹介します、楽しみにしていてくださいね~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2008年06月03日 00:00
こんばんは!
海岸線がほとんど人の手が入って、大きな海原を除けば自然があまり感じられない首都圏ですが、房総まで行けばなんとか海辺の花畑には出会えるんですけど、なかなか足を延ばせずにいます。
>浜昼顔
海辺と言えば、この花ですよね。
故郷の北海道でもハマナスや白ヨモギ、カンゾウなんかと一緒にいっぱい咲いてました。
当時はまだやそうにはあまり興味がなかったので、大量にあった花以外は覚えていませんが、今行ったらけっこう夢中になってしまうかもね。
いっしい
2008年06月03日 21:32
midyさん こんばんは~
>海岸線がほとんど人の手が入って、大きな海原を除けば自然があまり感じられない首都圏ですが、
そうですね、今では人口の海水浴場も多くなり自然が少なくなっていますね
こちら県北ではまだ自然のビーチや漁港が沢山あるので、色んなお花が楽しめたりします
ハマヒルガオを見ると、子供の頃の海水浴を思い出してしまいます
藤猫
2008年06月05日 08:38
おはようございます。私も先日海に行って来ましたが、ちょっと空振りでした。イワタイゲキの咲く頃なんですね。まだ、見た事が無いのですが、対馬にもあるそうなので、見に行ってみたいと思います。スナビキソウが好きだったのに、ここ数年の海のゴミで埋もれてダメになったみたいです。厳しいです。
いっしい
2008年06月06日 06:43
藤猫さん おはようございます~
海辺も楽しい散策が出来ますよね
イワタイゲキの花は、こちらでは普通の見られるので対馬でもきっとあると思いますが・・・
分布は九州各県となっていますが、場所によっては、なかなか見れないところもあるようですね
スナビキソウの花を見てみたいのですが、こちらではなかなか見られません
今、環境問題などで少なくなってるようですね

この記事へのトラックバック