マングローブ&野鳥

何時も訪問頂いて ありがとうございます

沢山のコメント&気持ち玉を ありがとうございます





マングローブと言う名前の植物はありません

熱帯や亜熱帯地域の河口など、満潮になると海水が満ちて来る所に生える植物の事をマングローブと言うそうです

世界中では100種以上の植物がマングローブと呼ばれているそうですが

その中で日本で見られるものは8種ほどだそうです

そして今回沖縄では、オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギの3種を見ることが出来ました



画像






マングローブの説明をする、自然体験塾の方です

この後カヌーでマングローブの中へ漕ぎだすそうです




画像





見たかったオヒルギの花と実が生っていました

オヒルギはマングローブの代表みたいな植物です

花は白い部分で、外側の赤い部分はガク片の様です

そして花後は赤い、ウィンナーのような実が生ります




画像画像
























こちらは、メヒルギの葉です

オヒルギに比べると、全体的に優しい感じです

残念ながら花は残っていませんでしたが、花後の実が出来ていました

長さ20㎝以上の実がぶら下がっていました





画像画像






















種子は果実の内部で発芽、発根し、果実の先端から太い根が伸び出すのだそうです

この根は長さ30cm程度の細長い緑色となり、やがて果実から根とその先端の芽が抜け落ちると言います

このように果実内で成長してしまうものを胎生種子と呼ぶそうです

そして親株の直ぐ近くに落ちて、地面に刺さるような形で育っていきます

不思議で面白い繁殖の仕方ですよね

胎生種子について、下のコメント欄に髭さんより補足説明を頂きました是非読んでくださいね






画像





最後にヤエヤマヒルギの事が良く分からなくて、近くにいらした自然塾の方に尋ねたら

「タコの足」と教えてくれました、タコの足??

ヤエヤマヒルギは根に特徴があって、支柱根が水面上にタコの足のよう形で木を支えているのです

タコの足のヒントで、ヤエヤマヒルギを見分けられるようになりました

花も実も見つけられなかったけど、マングローブの不思議な植物を見られて嬉しい時間でした




画像画像






















公園の芝生の中で動いてる鳥さんが居たので撮ってみました

コチドリの様です、日本のチドリの仲間ではいちばん小さなチドリです

沖縄へは冬鳥としてやって来るようです




画像





こちらはシロガシラです、綺麗な声で鳴いていました

長崎県でも僅かに見られる野鳥ですが

沖縄で見られるシロガシラは、外来種とされているようです

もともとは沖縄には居なかった鳥ということです






画像




ちょっと遠すぎるので、トリミングしてみました

沖縄のシロガシラは1976年頃から見られるようになったそうで、

亜種タイワンシロガシラと考えられているそうです

台湾から持ち込まれたシロガシラが、野生化したのではないかと考えられているそうです





画像






沖縄でも見かけたシロハラです

やっぱり冬鳥としてやってくるそうです

見慣れているシロハラですが、アダンの葉のと一緒に撮ると沖縄って分かりますね




画像画像























最後までご覧頂いて ありがとうございます

画像の一部はトリミングしています

内容に間違いなどありましたら、ご指摘くださいね

宜しくお願い致します





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 84

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2014年02月15日 12:11
こんにちは。

そちらは雪は大丈夫でしたか。

マングローブって名前の植物はないんですね。
初めて知りました。
南国は、本土と違って、珍しい植物があるんでしょうね。
髭さん
2014年02月15日 14:03
マングローブについて若干の補足を。
胎生種子はスポッと抜け落ちて、しばらくの間は波間に漂います。
種子の比重は決まっていて、親木のすぐ下に定着するもの、木から離れて5メートル先に定着するもの、あるいは10メートル先に定着するもの、と分布を広げるための秘密が隠されています。
抜け落ちた種子が、地面に突き刺さっているように見えるので、落下した種子がそのまま突き刺さる。というな間違った解説も多く見受けられますが、正しくは波間にしばらく漂った後に定着するのです。波によって分布を広げるのです。
マングローブの木の下を見ればわかると思いますが、泥土と言っても決してやわらかくはなく、かたいのです。これは東南アジアなどのマングローブの本場やオーストラリアのような高さが10メートルにもなるマングローブの高木の多い国でも全く同じです。
ちなみに髭さんはマングローブの調査のために、何十年も沖縄に通いました。調査当初に持ち帰ったメヒルギの胎生種子が、鉢植えにして20数年、今では花を咲かせるようになりました。
ついでに面白いことをもうひとつ。マングローブは木でありながら年輪がないのです。
2014年02月15日 19:13
こんばんは♪

オヒルギの花はとても不思議で可愛いです。
メヒルギの実は20㎝もあるのですか!
南の方はスケールが大きいです。
マングローブのくねくねした間から空を見てみたくなりました。
いっしい
2014年02月16日 13:06
トトパパさん、コメントありがとうございます

PC が不調なので、携帯からコメント入れてます
九州は
風が強いだけで、雪は降りませんでした
南国の植物は不思議が一杯でした
いっしい
2014年02月16日 13:18
髭さん、コメントありがとうございます

PC が不調なので、携帯からコメント入れてます
マングローブの補足説明をありがとうございます
種子は一度は潮に流されるのですね、
そうやって分布域を拡大していくのですか、納得です
まさか髭さんが、マングローブの調査で沖縄に通っていたなんて知りませんでした
鉢植えのメヒルキは、20年かけて花を咲かせたんですか?自然界でも、それくらいかかるのでしょうか
年輪の無い木ですか?ほんとですか?本当に不思議が一杯ですね
いっしい
2014年02月16日 13:24
Hanasaku さん、コメントありがとうございます

PC が、不調なので、携帯からコメント入れてます
昨年鹿児島へ行ったときに、見たかったのですが
見ることが出来なかったので、今回見られた良かったです
オヒルギの花が咲いててラッキーでした
panda
2014年02月19日 01:01
いっしぃさん、こんばんは。PC不調ですか?大変ですね。
髭さんのマングローブについてのコメントを読ませてもらいました。おもしろいですね、私も間違えていました。でも、まだアップしていないから間違えずにアップできます。そうかぁ、一旦波間に漂うのですね。でも考えて見ればそうですよね。な~んて、夜中に納得してうんうんとうなずいている私です。ありがとうございました。
いっしい
2014年02月20日 21:10
pandaさん コメントありがとうございます

やっと復活しましたよ、ネットが繋がらないのって不安だよね~
私もネット依存症なのかな(笑)
マングローブについて髭さんの補足説明分かりやすいですね
pandaさんアップする前に分かって良かったね
こんなに遅い時間まで何してたの?
2014年02月25日 21:55
いつも気持ち玉ありがとうございます。
こちらにもメヒルギの葉はあります。
いつもここで勉強させてもらっております。
野鳥だけでなく裏でいろんな被写体に挑戦中です。
PC復活よかったですね。