サルナシ&シマサルナシ

サルナシもシマサルナシも、マタタビ科の落葉つる性の植物です


マタタビは開花時期頃から、葉の先が白化するので見つけやすいのですが


サルナシやシマサルナシの葉はほとんど変わらないので、見つけにくようです


サルナシ→雌雄異株または雌雄雑居性


シマサルナシ→雌雄同株


花はどちらも白色で、マタタビに似た5弁花です


花を見分けるときの大きな特徴は、葯の色のようです


サルナシは約は黒色をしています


シマサルナシの約は黄色で、マタタビも黄色です




画像
                      
画像








































花の蕾とガク片です


サルナシとシマサルナシでは随分と違います、これも見分けるポイントでしょうか


シマサルナシのガク片には、褐色の毛が密生しています


良く良く見ると、小さな蕾はそのままキウィを小さくしたように見えてしまいます



サルナシの果実はキウィフルーツを小さくした感じですが


表面には毛が無いので、皮をむかずに食べることが出来ます


香りが強くて、酸味と甘みがあり美味しいそうです



シマサルナシの果実もキウィフルーツを小さくした感じで、表面には梨のような褐色の斑点があり、


同じく酸味と甘みがあり、皮をむけば美味しく食べられます



画像画像







































全体の様子です


サルナシは、花付きがとても良くて、絡みついた木の表面全体に白い花が咲いていました


シマサルナシの方は、花が付いている枝と付いていない枝があり、花の数も少なかったです


サルナシが山に自生していて、シマサルナシが沿海地の山側となっています


地元の近くでは、シマサルナシが多いようです


やっぱりサルナシはちょっと標高のある山側へ行かないと無いみたいです




画像

画像


























サルナシのこの写真を撮った1週刊後に、再度見に出かけたら、サルナシの花も葉も枯れてしまっててビックリしました


意味が分からずにツルをたどって根の方を探してみたら、なんと人の手で切られていました


そしてツルの切り口はあるのに、その根の方が見当たりません


もしかしたら根が欲しくて切って持って行ったのでしょうか・・・・実がなるのを楽しみにしていたのにとてもガッカリしてしまいました

"サルナシ&シマサルナシ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント