沖縄の花

何時も訪問いただいて ありがとうございます

沢山のコメント&気持ち玉を ありがとうございます




2月の末から4日間沖縄に出かけて来ました

九州でもまだまだ寒い日が続いていたのに、沖縄は初夏のように暑かったです

しばらくは沖縄で見る事のできた花達を紹介していきたいと思います

最初はナンゴクネジバナの花です

明るい草地などに生えます、3月から4月頃に開花します

九州でも見られるネジバナとよく似ていますが、開花時期は随分と違いますし

ナンゴクネジバナは花茎、穂状花序、子房などが無毛であることで見分けられるようです




画像画像
























可愛いリュウキュウコスミレの花が咲いていました

ノジスミレの南方系変種だそうです

沖縄ではスミレと言えば、リュウキュウコスミレを指すようです

道端などでも良く見られるスミレです、コンクリートの隙間でも花を咲かせていました





画像画像
























こちらはリュウキュウシロスミレの花です

アリアケスミレの南方系の変種とされています

鹿児島から沖縄に分布があります

別名とエナガスミレと言いますが、花茎が長くてシュッとした美人さんです

後姿もすっきりとしてて素敵ですね

このすみれも変異が多くて、沖縄で見るからリュウキュウシロスミレと分かるけど

九州で見ても見分けられないかも知れませんね





画像画像
























ハシカンボクの花が咲いていました

初めて沖縄に来た時に、葉っぱとつぼみを見つけて花を見たいと思っていました

ノボタン科の植物で、花もよく似ていますね

可愛い花なので、違う名前で園芸種としても出回っているようです





画像画像


















ウロコマリ・・・何とも不思議な名前、初めて聞く名前でした

一瞬名前なの?花も初めて見るものでした

ゴマノハグサ科の多年草で、30~60㎝で、花期は11月~4月となっています

随分と花期が長い花ですね、花穂にある苞が鱗に見えることからこの名前があるようです

小さな白い花は、中々上手く撮れなくて苦労しました





画像画像



















沖縄のイチゴさんに会えました、リュウキュウイチゴです

白い花は下を向いて咲いています、実は黄橙色になるそうです

こちらでよく見る、ナガバノモミジイチゴとよく似ていますね

山道で見かけるとつまんで食べるんですが、美味しいですよ

リュウキュウイチゴも美味しいのでしょうか?





画像画像

















黄色い花の集団です、畑の傍の小さな道に沢山のリュウキュウヒキノカサが咲いていました

ヒキノカサも見たことが無いので、初めて聞く名前で初めて見る花です




画像






キンポウゲ科の花はどれも同じに見えてしまうのですが

沖縄島でも中々見られない貴重な花なんですよ

ヒキノカサとは蛙の傘の意味で、花を蛙の傘に見立てたものだそうですが

昔の蛙さんはオシャレな傘を持っていたのですね

優しい日差しの中で、艶やかな黄色い花は輝いていました





画像画像



























最後までご覧いただいて ありがとうございます



"沖縄の花" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント